2008年8月30日

お手軽なのがイイ

ミニノートPC、メーカー温度差…外資元気、日本慎重 (ネタりか)

別に無理して日本メーカーが参入する必要はないと思うけどねぇ、
ASUSとかhpみたいな先行の海外メーカーに任せておけばいいと・・・
ただ一般ユーザからすると、国産の方が安心だから出して欲しいのかな?

利幅のことは知らないが、ノートPCの価格の二極化はアリだろう。
次々と最新スペックを採用して、10万20万の価格を維持するノートに対して、
中古でも型落ちでもないけど、少しスペックや機能を落として安いものを作る、
ユーザのニーズに合わせた健全な売り方なんじゃないか。

ゲームや動画編集などハードな使い方をするのならともかく、
メールやWebブラウジング、Officeをいじるという程度なら、
2~3年前のスペックで十分というか、それ以上はむしろ無駄な感じ。
2ndや3rd用途で10万オーバーとか、ちょっと馬鹿馬鹿しいよなぁ。

まあその辺の自分の使い方、必要なスペックが分かってる人だけが
手を出せるようなノートPCなのかもしれないけど・・・

0 コメント:

コメントを投稿