2008年8月7日

XAMPPへ引っ越しテスト

XAMPPを運用してみる前に、PHP5で既存のものが正常に動作するか、
テストをするために、ファイルをまとめてXAMPP管理下のディレクトリへコピー。
(管理を単純にするためDocumentRootを変更するので)

現在ファイルを置いてるディレクトリに移動して、
# cp -pr ./* /opt/lampp/htdocs/
とすればパーミッションやタイムスタンプを維持したまま丸ごとコピー

XAMPPを起動して試しに2ch Viewerのrep2を走らせてみたのだけど、
ところどころファイルが開けない、Permission Deniedのエラーが出て動かず。
パーミッションの値を確認してみたものの、全て既定通りになっている、
そりゃそうだ、パーミッションをそのままにしてコピーしたんだから。

いろいろ考えてみて、ふと思い付いたのがファイルの所有者、
以前のApacheでは、apacheやFTPユーザ名で運用していたものを
XAMPPではnobodyで動かすように設定してるんだから当たり前だわな。
# chown -Rf nobody <DIR>
でディレクトリごとまとめて所有者を変更したら、正常に動いた。

次にサーバインストール型のRSSリーダー、freshreaderをテスト。
php.ini に↓の1行を付け加えてください、というメッセージが表示された。
zend_extension_ts = /opt/lampp/htdocs/freshreader/ioncube/ioncube_loader_lin_5.2_ts.so
php.iniを編集して、XAMPPのapacheを再起動したのだけど、また同じメッセージ、
Webで調べてみると、zend_extension_tsではなくzend_extensionじゃないと、
ということで試してみたものの、解決せず・・・何度も同じ事をグルグル。

で、よく見てみたら、ファイル名の_tsも消さないといけないのね。
結局↓の1行を加えることで正常に動作した。
zend_extension = /opt/lampp/htdocs/freshreader/ioncube/ioncube_loader_lin_5.2.so
環境に合った正しい案内をしてくれないと、意味がないよな・・・(^^;

あとはシステム設定→クローラーの設定で案内の1行を
# crontab -e
で追加すれば、定期的なクローリングの設定は完了。

ただ、/usr/bin/php で動かしてるのが気になるよな・・・↓
0 * * * * sudo -u nobody /usr/bin/php -f /opt/lampp/htdocs/freshreader/crawler.php
これって、XAMPPじゃなくて、別に入れてたPHPのコマンドライン?
XAMPPのを指定したいところだけど、/opt/lampp/bin/php でいいのかな。

0 コメント:

コメントを投稿