2008年11月9日

今度はWPA

無線LANのセキュリティに危機?「WEP」に続いて「WPA」までも一部解読 (GIGAZINE)

暗号化の技術的仕様についてはちんぷんかんぷんなんだけど、
WPAではWEPの脆さが根本的には解決されていなかったから、
解読されるのも時間の問題という意見もあったみたいで・・・
しかしこうも立て続けに突破されるとWPA2も?という怖さが。

今回のWPA解読も完全なものではない、ということだとしても、
暗号化方式をそう簡単には変えられないハードってのもあるからねぇ。
PC向けの無線LANアダプタやAPにしても、解読されるたびに買い換え
なんてことをしてたら、この調子だとキリがないような気もしてくる。
まあ古い製品を一掃してくれるから、メーカーとしては万々歳か(^^;;

電波を使う限り盗聴?の危険はいつまでもついてくるのだろうけど、
こうなってくると特定の部屋でだけ使える範囲を絞った無線LANとか、
アンテナを向けられた場所しか使えない指向性の高い無線LANとか・・・
(机の上だけで使える無線通信技術ってのは確かあったよねぇ。)

0 コメント:

コメントを投稿