2007年7月8日

無免許30年

「無免許30年」消防司令が人身事故、以前は救急車も運転 (Yomiuri Online)

更新せず、あるいは免停から失効したまま無免許だとか、
農家のおじちゃんが無免許で軽トラを運転してたとか、
そういうのはよく聞くニュースだから珍しくはないけど、
さすがに最初から免許を持たず、しかも救急車を運転って・・・

昔は運転「技能」の扱いってそんなに厳しくなかったらしいし、
最初の頃はともかく30年も続けてれば技術的には大丈夫だろう、
無免許のまま運転してることの問題はともかくとして、
職場で毎日確認されてドキドキするのを30年っていうのは。
まあ途中からそういう感覚は麻痺してしまってたのだろうけど。

しかし技術的に自信がついた時点で正式に取ってみようとか、
家族もいるだろうに罪悪感とか無かったのだろうかね。

普通免許も持っているかのような細工の跡がある、って、
細工するために原付免許の更新は怠らなかったんだろうな。
毎日確認されてもバレないってどんな細工してたのだろう。
それとも職場での確認が形式的ないい加減なものだったのか。

0 コメント:

コメントを投稿