2007年7月21日

国家レベルのやらせとも

そこまでやる…!肉まんの原料は「段ボール」 (イザ!)
 ↓
「段ボール肉まん」はやらせ、中国TVが謝罪 (Yomiuri Online)
 ↓
メディア信用失墜に危機感=名声・金優先、肉まん事件で露呈-中国 (時事ドットコム)

はてさて、どこまでが「やらせ」(演出)なのやら、
そもそもがマスコミに口を出す、ウソの情報を流させる国だから、
TV局がやらせをした、という追及自体やらせの可能性も高い。

自分が勝手に思う真相は2つのパターン。

昨今の中国食品に対する世界的な非難に中国政府が危機感
→非難の矛先を変えるため「段ボール肉まん」事件を捏造
→颯爽と現れて「やらせ」を発覚させる演出→マスコミ批判
(つまり、段ボール肉まんの報道自体が政府のやらせ)

相次ぐ食品問題発覚の中、段ボール肉まんまで登場
→さすがにマズイと思って、この件をTV局のせいにする
→マスコミに矛先がいき、食品問題の沈静化を狙った
(つまり、段ボール肉まんは事実だが、やらせがウソ)

まあ何にせよ、世界的な世論は段ボール肉まんに向いたもんな、
農薬残留とか衛生問題なんて小さなことに思えたんだから・・・
どれが真実だとしても、なぜか一段落ついたように見えてしまう。
北朝鮮ほどではないにしても、中国もまだまだ謎の多い国。
問題を抱えながら国連安保理の常任理事国なのだから怖い。

それにしても振り回されたのは金萬福だよなぁ(笑)
段ボール肉まんを再現とか、なんでそんな無意味なことを。

1 コメント:

iranaik0 さんのコメント...

段ボール肉まんだけは隠蔽されない!?

コメントを投稿