2007年7月16日

イェイイェイぼくは大好きさ

世界最速のインターネット回線を持っているのは75才のおばあちゃん (GIGAZINE)

これは凄い。

コンピューターおばあちゃんっていう歌を思い出したよ・・・

40Gbpsってどんだけ無駄に早いのよ。
それを十分に生かす方が難しいんじゃないのか?
その回線は一体どこに繋がってるのか、気になるわ。

40Gbpsだとまず相手のサーバ近辺がボトルネックになるし・・・
というか40Gbpsより細い経路ばかりで、今のところ無駄だろうな。
HD DVDを2秒って、PC側の書き込みが間に合わなかったり。
実際どういう契約で運用してるのかを知りたい。

ところでおばあちゃんは、実際に使ってるのか?
単なるインフラだけでなく、この高速回線を使いこなしてるとしたら、
それこそ「コンピューターおばあちゃん」なわけだが。

0 コメント:

コメントを投稿