2007年7月16日

ヒカル小町Di


ヒカル小町Diの製品情報 (モーリス)
内蔵フラッシュによる撮影を楽しく!! 「ヒカル小町シリーズ」 (ケータイWatch)

デジカメ内蔵のフラッシュはどうにも撮影が難しく、
室内で近くの被写体を早めのシャッタースピードで撮影すると、
被写体は強く光るものの後ろが暗くなったりして不自然だし、
自然では有り得ない正面からの光で変な影が出来たりする。

外部フラッシュを付けられないデジカメだから仕方ない、と思ってたけど、
スレーブフラッシュなるものがあることを知り、人気のヒカル小町Diを購入。
取り扱ってる店は少ないものの、送料込みで4,000円ほどだった。

光感知タイプのスレーブフラッシュ、その仕組みは単純。
内蔵フラッシュが光ると、「あぁ・・・」とつられて自分も光るカワイイ奴。
そんなんで間に合うのか?と思ったけど、確かに光っている、
光の速さやセンサー回路の早さからすれば、余裕なんだろうな。
うちのデジカメはプリ発光ありのタイプだったので、P-modeで使用。

別の場所に置いて使う、というのも効果的だけど、
左手で斜め上方に持ち上げて使うだけでも出来が違ってくる。
蛍光灯下でも比較的自然な撮影が出来るので面白いわ。
天井などに反射させて使うにはちょっと弱い気もするけど・・・
なんかたくさん集めて多灯撮影とかしてみたくなる手軽さだ。

0 コメント:

コメントを投稿