2007年7月29日

自転車盗からの手紙

自転車盗からお礼と謝罪 「祖父の臨終 間に合った」 (中日新聞)

う~ん、これ、美談なのかなぁ。
確かに「ちょっと乗り」用途で盗んで乗り捨てる輩が多い昨今、
手紙と商品券と一緒に返す、というのはいい話だと思うけど、
一声もかけずに借りるのは、やっぱり盗みだとも思うし・・・

病院で拝借して祖父の臨終に駆けつけるって、
祖父の家に行ったのか、あるいは他の病院へ行ったのか。

まあこういった報道に素直に感動できない自分ってのも
ある意味では腐った現代社会の象徴なのかもしれないが(^^;

自分の自転車にもちゃんと名前を書いている。
結構気に入ってる自転車でもあるので鍵は厳重にかける。
おかげで今まで一度も盗まれたことはない平和な人間だけど、
厳重さに腹が立ったのか、パンクさせられた経験は何度かある(笑)

1 コメント:

iranaik0 さんのコメント...

うちの自転車もよくパンクさせられてます。
盗めなかったらそうやって嫌がらせしてるんでしょうかねぇ……。
ズレた話題だったかな^^;

コメントを投稿