2005年7月4日

キレイに撮り隊 デジカメスタジオ

toritai1.jpg
KOKUYO キレイに撮り隊 デジカメスタジオM (DG-B1)

1ヶ月ぐらい前に注文してたんだけど、ようやく入手。
写真撮影、画像編集は本職ではないんだけど、
Webの素材として小物を撮ることも出てきたので、
こういうのはちょっと必要だったのよね。
本当はもっと大きいサイズの方が便利だと思うけど、
机の上に載る扱いやすいサイズということでMを選択。

写真撮影用の道具とかそういう名前は知らない。
一応上の白いドームに光を当てると柔らかく拡散して、
全体を包み込むような光に変換してくれるようなものらしい。
背景の布は写真スタジオとかでよく見るアレだね。



折りたたむと非常にコンパクトなカバンになって邪魔にならない、
組み立てるのも片付けるのも簡単で手間がかからない、
という宣伝文句、各所のレビューにもそうやって書いてあったけど、
実際のところ、収納のコンパクトさは認めるものの、
組み立ても片付けもちょっと面倒くさいような気がする。

まあ慣れればそんなに大変なことじゃないんだけど、
ちょっと出してちょっと撮影してササッと片付けるという感じではない。
やはりある程度「撮影するぞ」ぐらいの意気込みは必要かも。
あと、布にシワが入らないように片付けるのはちょっとコツが要るから、
個人的には「性格上」あまり向いていない、と言える。

toritai2.jpg camera_tech2.jpg
(クリックで拡大表示)

とりあえず1つ撮影してみた。
左が今回デジカメスタジオを使って撮影したもの、
右が半年ぐらい前に机の上でそのまま撮影したもの。

光の角度や撮影する角度がうまく調整できてないため、
反射光をモロにレンズに受けてしまっているけど、
影が柔らかく、輪郭がくっきりしたように見えるのは気のせいか?
慣れたら工夫次第でもうちょっと上手く撮れそうな…

やっぱり普通の(勉強机用)卓上スタンドを流用したのではダメだね。
拡散してくれるとはいえ、角度や光量の調整が難しいし手間がかかる。
この辺りはもう少し様子を見て、今後要検討としたい。

0 コメント:

コメントを投稿