2007年5月4日

高野連の責任転嫁

違反申告は376校=野球特待生問題、検討へ-公立は1校のみ・高野連 (時事ドットコム)

ここんとこ騒いでるけど「なにを今さら」な話ではある。
野球推薦で入って特待生になる、有力な選手を集める、
そんな制度が存在することは一般の人でも知ってるわけで、
「つーか、違反だったの?」というのが正直な感想か。
高野連が知らないわけがないし、何を驚いたフリしてるんだ?

高校は勉強をするところか、高校野球は教育の一環か、
事実上プロ野球予備軍となってないか、私学のビジネスか、
「お金」で釣って有力な選手を集めることは行き過ぎか・・・
そもそも制度が作られた昭和初期に問題となっていた
興行試合やブローカーの存在があるのならともかく、
何十年も経過した今の時代に合う制度なのかどうか・・・

この辺は単なる価値観だから、正直どうでもいいんだ。
まあ野球以外でスポーツ特待は禁じられてないわけだし。
問題はこんな大騒ぎにして、高野連はなにがしたいのかと。
元々の問題はプロ球団からの裏金問題だったはずなのに、
一気に話題は野球特待、そして被害を受けるのは現役の学生。

きっちりやめるのならそれでもいい、でも黙認してきた高野連も悪い、
せめて来年度の入学からは完全に無くして、現役は卒業まで不問、
各大会への出場も一切規制無しってことにしてくれないと、
それこそ学生の夢、限られた機会を奪うんじゃないかと思う。

なんか少し前にあった「履修不足」問題にも似てるよなぁ。
知ってて黙認してきたくせにいきなり学校側に責任転嫁、
被害を受けるのはたまたまその時現役だった学生、ってのが。

0 コメント:

コメントを投稿