2007年5月10日

敵は身近に

迎撃弾の展開地、隣にマンション 東京市谷に38階建て (asahi.com)

迎撃ミサイルの発射地点のそばに高層マンションが出来て、
発射できない、迎撃の邪魔になってるという間抜けな防衛網。

身近にテポドンやノドンといった脅威があるにも関わらず
日本人にとってはミサイルが撃ち込まれるなんていう状況は
具体的には想像しにくい、危機感が薄いかもしれないな。
確かに平時に「迎撃ミサイル発射の邪魔になるから」という理由で
規制をかけると、余計に不安を煽るだけになっちゃうかもね。

そもそも迎撃ミサイル発射角度の関係で
高さに制限のある建物、地域と言われると住みにくい(^^;

現実として迎撃って出来るのかね。
大型の弾道ミサイルは組み立ても燃料注入も大掛かりだから
探査衛星から発射の兆候は分かる、とは言われてるけど・・・
細かい照準なんてのは撃ってみるまで分からないだろうから、
イージス艦が撃ち漏らしたらもう無理なような気がする。
装備ごと移動・展開するってことは、守れない場所もあるわけで、
国家の中枢や軍事施設しか守らない迎撃設備って複雑だな。

0 コメント:

コメントを投稿