2008年10月21日

懐かしい遊具

世界一のうんていに挑戦 (Excite Bit)

雲梯、小学生の頃はほとんど出来なかったなぁ・・・
みんな一段飛ばしとか後ろ向きとか平気でこなしていたのに、
自分は5本ぐらいで力尽きて落ちてしまうという有り様。
特に運動音痴だったとかいうことはないんだけどねぇ。

苦手だった遊具といえばもう1つ、のぼり棒。
足を絡めて手と足両方を使ってのぼる、ってのが出来なくて、
腕の力だけでぶらさがって、一番上までのぼっていた。
まあこっちの方が凄いといえば凄いけど、続けてはのぼれない。

どちらも握る力と腕の力が必要という点では同じはずなのに、
雲梯が出来ず、のぼり棒は人より難しいのぼり方が出来ていた。
今もそうだけど、基本的に手の平によく汗をかく人なので、
時間の掛かる雲梯は途中で握れなくなってしまうんだろうな。

0 コメント:

コメントを投稿