2008年10月23日

ダウンロード違法化へ

ついにP2Pソフトなどを使ったファイルのダウンロードの違法化決定 (GIGAZINE)
文化庁、“iPod課金”結論を先送りへ~依然として合意得られず (INTERNET Watch)
ダウンロード違法化が「延期」していたワケ (ASCII.jp)

見せしめにアップロード側を逮捕してみても一向に減らない権利侵害、
これだけ横行してたら、ダウンロード側も違法化したい、というのは分かるが、
(自己保身も含む?)たくさんの反対パブリックコメントが寄せられても、
大して深い議論もせずに違法化決定、っていうのは納得が行かないな。

どうせ違法化するなら徹底的にやるべきなんだろうけど、
技術的・専門的な詰めもなく、ただ権利者の感情に任せただけでは・・・
権利者の申し立てがあって警察が動く、というのならいいけど、
警察が先に動いて権利者に伺いを立てる、という乱用は避けるべき。
権利の主張に積極的でない権利者は保護に値しない。

結局「見せしめ」でしかアップロード側を取り締まらない現状では、
ダウンロード側も所詮は見せしめ、どれだけの効果が期待できるのか。
アメリカのように警告メールを送って・・・という形式になるのだろうけど、
権利者団体が代理で勝手に警告するようなのも勘弁して欲しいけどな。

あとは議員さんに頑張ってもらうしかない、とあるけど、
支援団体の都合もあるし、技術的な問題を理解できるとは思えない。
数々の問題を抱えたまま、法律は改正されちゃうんだ。

0 コメント:

コメントを投稿