2008年12月11日

マウスのウザイ挙動

ここ数日Logitechのマウス、MX-1000(BT版)の調子が悪い。
シングルクリックしたはずがダブルクリックになったり、
ドラッグが途中で外れたり、Operaのマウスジェスチャーも不調、
イライラするだけならともかく、そのうちとんでもないミスをしそうで怖い。

MX-610:シングルクリックがダブルクリックになる不具合

調べてみると型は違うけどどうやらチャタリングのようだ。
MX-610も持ってるけどあれも確かに同様の現象が発生している、
そちらの方は素直に交換した方がいいのだろう。

さて問題は愛用のMX-1000の方だ。
日本のLogicoolではなく、アメリカのLogitechから購入したもの、
日本未発売のdiNovo LaserのBluetooth版MX-1000という特殊品、
交換とか面倒くさそうだし、MX-1000だけ買い換えるわけにもいかず・・・

分解して接点復活剤を使う、ボタンの当たる部分に肉盛りする、
コンデンサをハンダ付けして吸収させるなどの改善策はあるようだけど、
お気に入りのマウスなのであまり分解とかはしたくない。

マウスチャタリングキャンセラ (Vector)

ソフトウェアでチャタリングをキャンセルするってのもあるんだな。
常駐ソフトを増やすことにちょっと抵抗があるものの、
とりあえずはこれでも使ってしばらく様子を見てみるかな。

0 コメント:

コメントを投稿