2009年1月8日

IPAがつこうた

IPA職員がまさかの情報流出 - 「Share」の可能性も「現在本人に確認中」 (マイコミジャーナル)
わいせつ画像やかな漢字ソフトをダウンロード--IPA職員、ファイル交換ソフトで (CNET Japan)

この手の事件だと大抵は委託先の社員だったりするんだけど、
今回の流出元はIPAの正規職員、私物PCとは言え、さすがにマズイよな。
流出云々よりもShareやらWinnyを使っていたという事実が。

良くはないけどまだmp3を落としてた程度なら可愛げがあったのに、
よりによってIPA職員が「ATOK」をダウンロードしようとしてたとか・・・
ファイル共有ソフトでも特にマズイ使い方をしてたわけだな。
最初はフリーソフトをなんて言ってたみたいだけど、それはねーよ(笑)

まあ今回の件でIPAの活動が否定されるわけではないけど、
一部であってもそういう意識の職員がいたってのは痛手だよな。
JASRACの職員PCでも同じようなこと起こらないかしら・・・(^^;

0 コメント:

コメントを投稿